U-15 試合結果

avispa アカデミー&スクール

メニュー
体験レッスン・お問合せはこちらから
092-674-3031

U-15 結果 2018年12月

2018Jリーグ U-14サザンクロスB カテゴリー:U-14

日時
12月9日(日) 10:00キックオフ
会場
筑後川総合運動公園

第14節

アビスパ福岡U-15 5 2 前半 0 1 ギラヴァンツ北九州U-15
3 後半 1
得点経過
12分 オウンゴール
20分 竹内侑希
38分 ゲイルジョシュア(PK)
47分 ゲイルジョシュア
62分 失点
63分 谷口悠陽

戦績

10勝2分2敗 勝ち点322018Jリーグ U-14サザンクロスB 第13節

寸評

サザンクロスB第14節でギラヴァンツ北九州と対戦しました。 今日の試合、攻撃では、GK含めてビルドアップするために数的優位をつくり持ち運ぶこと守備では、奪われた瞬間一人だけではなくチーム全体でボールを奪い返しにいくことを確認し試合に臨みました。

前半、一人一人の判断が遅くビルドアップが安定せず自陣でボールを奪われなかなか前に運ぶことが出来ない時間帯の中、前半12分池末瞬平(MF20番)のサイドからのFKが相手のオウンゴールを誘い先制します。先制しチーム全体が落ち着きシンプルにボールを動かせるようになり、前半20分池末瞬平(MF20番)のスルーパスに反応した竹内侑希(MF37番)が抜け出し落ち着いてゴールを決め2-0で前半を折り返します。

ハーフタイム、攻撃ではビルドアップする時の優先順位を明確にし、守備では相手FWの動き出しに対しての対応の仕方を確認し後半に臨みました。

後半3分ゲイルジョシュア(FW39番)がPKを獲得し、自らPKを決め追加点を奪うと、後半12分にもゲイルジョシュア(FW39番)が追加点を奪い4-0となります。その後、後半27分に直接をFKを決められ失点してしまいますが後半28分田山芳規(FW28番)のクロスに谷口悠陽(MF38番)あわせ追加点を奪い5-1で試合終了となりました。

今日の試合では、まだまだ自陣でのミスが多くボールを奪われる場面が多いので後ろからのビルドアップの精度をあげボールを保持できる時間を増やしていきたいと思いました。次節は、サザンクロス首位のサガン鳥栖との試合となるので勝利出来るようにしっかり準備していきたいと思います。

【次戦】
2018Jリーグ U-14サザンクロスB 第15節
12月15日(土) 12:45キックオフ
[佐賀県総合運動公園]
アビスパ福岡U-15 vs サガン鳥栖U-15

第32回福岡県クラブユース(U-14)サッカー大会予選リーグ カテゴリー:U-14

日時
12月9日(日) 15:30キックオフ
会場
筑後川総合運動公園

アビスパ福岡U-13 4 1 前半 1 1 新宮FC
3 後半 0
得点経過
16分 入江優仁
17分 失点
47分 入江優仁
48分 西村活輝
49分 入江優仁

戦績

2勝2分 勝点5  暫定3位

寸評

12月2日(日)に、第32回福岡県クラブユース(U-14)サッカー大会予選リーグ4試合目が新宮杜の宮グラウンドで行われました。
決勝トーナメントに進出するためには負けられない一戦ということもあり選手たちは試合開始からハードワークし戦ってくれました。

試合開始から、ボールを握る時間が長く、背後への抜け出しや、サイドからの攻撃でチャンスを作る事ができました。
前半16分には藤井滉希(MF15番)のクロスを入江優仁(FW9番)が左足で合わせ先制点を奪うことができました。
しかし、得点直後のプレーで自陣でのミスから失点をしてしまいました。
勝たないといけないという焦りから単調な攻撃が目立ち、得点を奪うことができず前半を終えました。
ハーフタイムでは、「焦らずボールを動かしゴールを目指すこと」「ゴール前の質を高め早い時間帯に追加点を奪うこと」を伝えました。

後半は焦らずボールを動かし、相手選手が少ないサイドから攻めチャンスを作る事ができました。
しかし、なかなか得点を奪うことができないまま時間が過ぎ、選手たちに焦りが出てき始めましたが、焦れずにやり続ける事を選手に伝え、47分、48分、49分と立て続けに得点を奪い勝利する事ができました。
残り1試合で勝点1を奪うことができたら決勝トーナメント出場が決まります。
次節も応援よろしくお願い致します。

【次戦】
第32回福岡県クラブユース(U-14)サッカー大会予選リーグ第5節
12月21日(金) 19:00
アビスパ福岡vsトレーヴォ

2018Jリーグ U-14サザンクロスB カテゴリー:U-14

日時
12月8日(土) 10:00キックオフ
会場
健康の森公園多目的グランド

第13節

アビスパ福岡U-15 3 1 前半 0 1 大分トリニータU-15
2 後半 1
得点経過
29分 オウンゴール
49分 田山芳規
50分 失点
57分 田山芳規

戦績

9勝2分2敗 勝ち点29

寸評

サザンクロスB第13節で大分トリニータと対戦しました。
今日の試合、攻撃では、GKからのビルドアップ、守備では前線からのプレスのかけ方、背後へのボールに対してのDFラインのポジショニングを確認し試合に臨みました。

前半、試合の入りが悪く簡単なミスが多くなり相手に押し込まれる展開となりました。そのような苦しい展開の中、自陣ゴール前まで攻めこまれますがチーム全体で体をはり守ると、前半29分田山芳規(FW28番)のCKが相手GKに当たりそのままゴールに入り先制します。その後は、相手を押し返しチャンスをつくりますが追加点を奪えず前半終了となりました。

ハーフタイム、相手の前線からのプレスに対しての組み立て方、ボールを奪われた後の攻守の切り替えを早くすること、後半の入りしっかり集中して入ること伝え選手を送り出しました。

後半、攻守の切り替えが早くなりボールを失ってもすぐにボール奪えせるようになり相手陣地でボールを握れるようになると、後半20分池末瞬平(MF20番)のパスに田山芳規(FW28番)が抜けだし、ゴールに流し込み2追加点を奪います。後半21分右サイドを崩され失点してしまいますが、後半27分渋江裕成(DF35番)のロングパスに田山芳規(FW28番)がダイレクトで合わせ追加点を奪い3-1で試合終了となりました。

今日の試合では、試合の入りが良くなく相手にペースを握られてしまいましたが失点せずに我慢出来たことが勝利につながったと思います。試合の中で上手くいかないことは、必ずあるので試合中選手一人一人がコミュニケーションをとり試合の流れを自分たちのペースにもってこれるようなチームにしていきたいと思います。もっと勝負強いチームになれるようにトレーニングに取り組んでいきたいと思います。

【次戦】
2018Jリーグ U-14サザンクロスB 第14節 12月9日(日) 10:00キックオフ[筑後広域公園]
アビスパ福岡U-15 vs ギラヴァンツ北九州U-15

高円宮杯 JFA U-13サッカーリーグ 2018九州 カテゴリー:U-13

日時
12月8日(土) 11:30キックオフ
会場
飯塚健康の森多目的広場

第19節

アビスパ福岡U-13 0 0 前半 2 2 大分トリニータ
0 後半 0
得点経過
1分 失点
13分 失点

戦績

15勝4敗 勝点45 2位(12チーム中)

寸評

高円宮杯JFAU-13サッカーリーグ第19節、大分トリニータと対戦しました。
試合前に「攻守の切り替えを早くし、奪ったらすばやくゴールを目指すこと」「前回の対戦では負けているのでアビスパ福岡としてのプライドを持ち戦うこと」を選手に伝え試合に挑みました。

前半1分に与えてしまったコーナキックから、クリアミスがそのままゴールに入ってしまい試合開始から追いかける展開となってしまいました。
失点後は、攻守の切り替えから相手ゴールキーパーと1vs1などのチャンスを作るものの、決めきることができず、前半13分には相手のカウンター攻撃から追加点を奪われてしまいました。

ハーフタイムでは、「時間はまだあるから焦らず仲間を信じハードワークすること」「攻撃時のリスク管理を徹底すること」を伝えました。

後半も、交代選手を含む全ての選手がハードワークしチャンスを数多く作りましたがゴールを奪う事ができず試合終了となりました。

試合の入り方が悪く失点したことが最後まで引きずってしまった為、試合開始5分、試合終了5分前の戦い方を意識させ次節に向けて頑張りたいと思います。

【次戦】
高円宮杯 JFA U-13サッカーリーグ 2018九州 第20節
12月16日(日) 9:00 [八女東部グリーンフィールド]
アビスパ福岡U-13 vs 神村学園

高円宮杯 JFA U-13サッカーリーグ 2018九州 カテゴリー:U-13

日時
12月1日(土) 13:00キックオフ
会場
飯塚健康の森多目的広場

第18節

アビスパ福岡U-13 5 1 前半 0 0 大分トリニータ宇佐
4 後半 0
得点経過
10分 川井田稜弥
35分 入江優仁
37分 入江優仁
40分 川井田稜弥
57分 高田聖也

戦績

15勝3敗 勝点45 2位(12チーム中)

寸評

高円宮杯JFAU-13サッカーリーグ第18節、大分トリニータ宇佐と対戦しました。
試合前に「ボールを握る時間を増やす事」「攻守の切り替えを早くする事」を選手に伝え試合に挑みました。
試合開始から、ボールを握る時間が長く、ゴールに向かう回数を多く作る事ができましたが10分の川井田稜弥(MF7番)のゴールのみだけで前半を終えました。

ハーフタイムでは、「攻守の切り替えから、奪ったボールを正確に味方につなげる事」「シュート時にゴールキーパーを観てしっかり決めること」を伝えました。

後半も、ゴールに向かう回数やシュート本数も増えました。すると、後半はたて続けにゴールを奪うことができました。
次節も、勝点3を奪えるように頑張りたいと思います。

【次戦】
高円宮杯 JFA U-13サッカーリーグ 2018九州 第19節
12月8日(土) 11:30 [飯塚健康の森多目的広場]
アビスパ福岡U-13 vs 大分トリニータ

2018Jリーグ U-14サザンクロスB カテゴリー:U-15

日時
12月1日(土) 11:00キックオフ
会場
健康の森公園多目的グランド

第12節

アビスパ福岡U-15 8 4 前半 0 0 大分トリニータU-15宇佐
4 後半 0
得点経過
9分 北浜琉星
15分 古谷陸翔
31分 北浜琉星
32分 山田龍之介
43分 伊藤晃希
48分 池末瞬平
63分 香月大和
70分 藤海太

戦績

8勝2分2敗 勝ち点26

寸評

サザンクロスB第12節で大分トリニータ宇佐と対戦しました。 今日の試合、チーム全体で攻守の切り替えを早くすること、攻撃ではパスを出した後に止まらず関わること、守備では失点0で試合を終えるためにゴール前の守備を確認し試合に臨みました。

前半、選手一人一人が集中した状態で試合に入ることが出来、前半9分古谷陸翔(MF29番)の強烈なシュートの跳ね返りに北浜琉星(FW27番)が反応しゴールを決め先制します。その後、積極的に前線からボールを奪いにいき相手チームのミスを誘い、前半15分古谷陸翔(MF29番)、前半31分北浜琉星(FW27番)、前半32分山田龍之介(FW33番)がそれぞれゴールを決め4-0で前半を折り返します。

ハーフタイム、相手FWの背後への動き出しに対してのDFラインのポジショニングを確認し、失点0で試合を終えようと選手たちに伝えピッチに送り出しました。

後半、しっかりボールを動かし優勢に試合を進めると後半8分CKの跳ね返りを拾った池末瞬平(MF20番)がクロスをあげると伊藤晃希(DF34番)がヘディングで合わせ追加点をとります。その後も追加点を重ね、守備でも相手の攻撃に対しチーム全体で集中をきらすことなく体をはってゴール守り8-0で勝つことが出来ました。

今日の試合では、たくさんの選手が得点を奪えたことはもちろんですが、最後まで集中をきらさず失点0で抑えることが出来たことが良かったと思います。今後の試合も、勝利出来るように攻守ともに質を高めていきたいと思います。

【次戦】
2018Jリーグ U-14サザンクロスB 第13節
12月8日(土) 11:30キックオフ[健康の森公園多目的グランド]
アビスパ福岡U-15 vs 大分トリニータU-15

無料体験スクールや入会についての疑問・質問など、お気軽にお問合せください。

アカデミーに関するお問合せ

アカデミーに関するお問合せはこちらから