アビスパ福岡公式サイト

アビスパ福岡公式サイト

メニュー
  • 福岡地所
  • TOPPA!
  • 株式会社ふくや
  • 株式会社T.F.K
  • ビケンテクノ
  • 福岡市

ニュース

「ブラインドサッカー西日本リーグ2016 第3節」開催のお知らせ 「わくわくブラインドサッカー体験」開催のお知らせ

2016.11.24 news

「ブラインドサッカー西日本リーグ2016 第3節」開催のお知らせ 「わくわくブラインドサッカー体験」開催のお知らせ

アビスパ福岡では2004年度より、基本理念の下、九州唯一のブラインドサッカー(視覚障がい者サッカー)チーム・ラッキーストライカーズ福岡の活動を支援しており、チームの強化や普及活動に取り組んでおります。
ラッキーストライカーズ福岡は現在『ブラインドサッカー西日本リーグ2016』を戦っており、アビスパ福岡の高良周作コーチが監督として、藤井潤コーチがガイドとして帯同しております。下記の通り、福岡会場にて試合を行いますので、お知らせいたします。ぜひともご声援よろしくお願いいたします。
また、この試合会場では、福岡市からの委託事業である、「わくわくブラインドサッカー体験」を実施することになりました。参加は事前のお申込みとなります。心よりご参加お待ちしております。

●「ブラインドサッカー西日本リーグ2016 第3節(最終節)」

【大会名】
ブラインドサッカー西日本リーグ2016 第3節(最終節)
【日 時】
2016年12月4日(日) 12:00~ ラッキーストライカーズ福岡 vs Mix sense 名古屋
【会 場】
ペナスタ博多 人工芝フットサルコート(福岡市博多区井相田2丁目3−3)
【入 場】
無料(出入り自由)
【主 催】
NPO法人日本ブラインドサッカー協会
※大会スケジュールは、下記ページよりご覧いただけます
http://www.b-soccer.jp/9823/news/nishinihon2016.html
※ブラインドサッカー西日本リーグ2016は、ラッキーストライカーズ福岡を含めた4チームが参加し、優勝チームには、2017年春に開催予定のクラブチャンピオンシップへの出場権が付与される予定です。ラッキーストライカーズ福岡は優勝を争っている兵庫サムライスターズと勝点で並んでいますが、すでに兵庫は全3試合を終えているため、最終節で勝点1以上積み上げることができれば、優勝が決定致します。

【取材の申し込み、及び本件に関するお問い合わせ】
NPO法人日本ブラインドサッカー協会事務局
E-mail:media@b-soccer.jp
協会ウェブサイト:http://www.b-soccer.jp
住所:〒169-0073東京都新宿区百人町1-23-7 新宿酒販会館2階
電話:03-6908-8907 FAX:03-6908-8908


●「わくわくブラインドサッカー体験」

【日 時】
2016年12月4日(日) 14:50~16:30 (14:45集合)
【会 場】
ペナスタ博多 人工芝フットサルコート (福岡市博多区井相田2丁目3-3)
【対 象】
福岡市在住の小学生以上の男女(親子でのご参加、大人のみでのご参加も大歓迎です。)
【実施内容】
・視覚障がいやブラインドサッカーの説明、紹介
・ブラインドサッカーの試合観戦
・アイマスクを着用して簡単なゲームの実施やブラインドサッカーを体験
・質問タイム
【募集定員】
先着100名
【応募方法】
専用受付フォームよりお申込ください。(下記リンクもしくはQRコードから)
※申込送信後、受付完了と表示されますのでそれにて受付完了です。
※受付完了後、アビスパ福岡サッカースクール事務局よりご連絡を差し上げます
https://goo.gl/forms/GYmfAdMZI9oBrCZx1
post-8106_01
【応募締切】
2016年12月2日(金)(但し、定員に達し次第、締め切らせて頂きます。)
【持参物】
運動できる服装、飲料水
【参加費】
無料
【駐車場】
駐車場は数に限りがありますので、公共交通機関をご利用頂くか、近隣の有料駐車場をご利用頂きますようお願い申し上げます。
【荒天時】
荒天でイベントが中止になる場合は、アビスパ福岡ホームタウンブログにてお知らせいたします。
(下記リンクもしくはQRコードから)
http://blog.livedoor.jp/avispahometown
post-8106_02

『アビスパ福岡 基本理念』
アビスパ福岡は、地域に根ざしたスポーツクラブとして、地域に生活する人々とともに発展します。
アビスパ福岡は、スポーツを通じて、子どもたちに夢と感動を地域に誇りと活力を与えます。
アビスパ福岡は、スポーツを愛する新しいコミュニティづくりと世界に開かれた豊かなスポーツ文化の創造に貢献します。

一覧へもどる

  ページの先頭へもどる