アビスパ福岡公式サイト

アビスパ福岡公式サイト

メニュー
  • 福岡地所
  • プレミアモバイル株式会社
  • 株式会社ふくや
  • ピエトロ
  • ビケンテクノ
  • 福岡市

アカデミー・スクール

アカデミー試合結果 2017年11月

11月

2017 第31回福岡県クラブユース(U-14)サッカー大会福岡支部大会ラウンド8カテゴリー:U-13

日時
11月12日(日)13:00キックオフ
会場
西南田尻グリーンフィールド
 
アビスパ福岡U-13 0 0 前半 1 2 CAグランロッサ
0 後半 1
得点経過
12分 失点
46分 失点
寸評

立ち上がりから相手DFの背後を狙う攻撃が少なく、足元へのパスを早いプレスで奪われる場面が目立ちました。徐々に押し込まれる展開になり、12分に相手スローインの流れからサイドを崩され、クロスボールをヘディングで決められ先制点を奪われました。その後も中盤でのヘディングの競り合いや球際の勝負で勝てず、相手の攻撃を受け続け、危ない場面が何度もありましたが追加点を許さず、1点差で前半を折り返しました。

後半も相手の勢いは衰えず、前半同様厳しい展開が続きました。効果的な攻撃ができずに時間が進み、46分に相手のサイドからの攻撃でディフェンスラインがサイドに寄り過ぎた所を中央でフリーになっている選手にパスを通され、追加点を奪われてしまいました。その後もチャンスらしいチャンスを作る事ができず、試合が終了しました。

この試合は2列目、3列目から相手の背後を積極的に狙う動きが少なく、単調な攻撃しかできませんでした。今後はもっと運動量を増やし、積極的にプレーできるようにしていきたいと思います。

【次戦】
2017 第4回九州ユース(U-13)サッカーリーグ 第17節
11月18日(土) 10:00キックオフ vsサガン鳥栖U-13【佐賀県総合運動場】

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017福岡県リーグ2部順位決定戦カテゴリー:U-18

日時
11月5日(日)13:00キックオフ
会場
タイガーフィールドスタジアム
 
アビスパ福岡U-18B 3 2 前半 0 1 東海大学付属福岡高校B
1 後半 1
得点経過
33分 軸丸大翔
45分 坂口翔太
46分 谷川麟太朗
75分 失点
寸評

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017福岡県リーグ2部順位決定戦が11月5日に行われ、東海大学付属福岡高校Bと対戦しました。

立ち上がりから、前に急ぎすぎてパスが繋がらずにリズムが作れず、相手に押し込まれる時間が続きました。パスを受けても選手間の距離が遠く、ボランチの選手もボールを受ける回数が少なくて、なかなか縦パスが入らず、ロングボールが多くなっていたのですが、徐々に選手間の距離がよくなり、ボールがリズムよく動き出しました。33分に田中(DF2番)のパスを軸丸(FW36番)が受けてシュートがキーパーに当りましたが、そのままゴールに入り先制しました。前半終了間際の45分にも、坂口(DF19番)が自ら得たフリーキックを直接決めて、追加点を奪い前半を折り返しました。

ハーフタイムにボールをリズムよく動かしてゴールに向かうこと、相手のロングボールに対してしっかり弾く事とカバーのポジションを細かく取ることを伝えました。

後半は、46分に中央をコンビネーションで崩して大畑(MF13番)のパスを谷川(MF46番)がキーパーを観てゴールに流し込み得点を重ねました。その後も自分達でボールを持つ時間が長く押し込んでいましたが、シュートを決めきる事が出来ずに、相手に押し込まれはじめ75分にPKを与えてしまい失点しましたが、3対1で試合終了しました。

この結果により高円宮杯U-18サッカーリーグ2017福岡県リーグ2部の総合1位が決まりました。来年は、県リーグ1部で戦うので日頃のトレーニングから積み上げていきたいと思います。

第29回九州ユース(Uー15)サッカー選手権大会カテゴリー:U-15

日時
11月3日(金)~5日(日)
会場
日章学園グランド 都農町藤見運動公園 高原町運動公園
1回戦 3日(金)12:00キックオフ
アビスパ福岡U-15 2 1 前半 0 1 大分中学校
1 後半 1
得点経過
23分 牛鼻世波
53分 失点
68分 山本隼輔
2回戦 4日(土)10:00キックオフ
アビスパ福岡U-15 3 1 前半 0 2 ソレッソ熊本
2 後半 2
得点経過
2分 藤原尚篤
52分 石橋翔太
55分 藤原尚篤
65分 失点
68分 失点
決定戦 5日(日)10:00キックオフ
アビスパ福岡U-15 2 2 前半 0 2 小倉南FC
0 後半 2
5 PK 4
得点経過
3分 石橋翔太
12分 森山公弥
50分 失点
51分 失点
戦績

ブロック優勝(全国大会出場)

寸評

九州大会を3日間戦い抜いてブロック優勝し、全国大会出場権を掴むことができました。どの試合も厳しい試合でしたが、選手全員で我慢強く粘り、ハードワークしたからこそ、いい結果になったと思います。3年生は中学生年代最後の大会です。またチーム内で競争意識を持って全国大会にチャレンジします。

九州大会で出た課題、特に失点シーンを振り返り、少しでも改善できるように謙虚にトレーニングに取り組みます。

《次節》
高円宮杯第29回全日本ユース(Uー15)サッカー選手権大会1回戦
12月16日(土)対戦相手場所未定

2017Jリーグ U-14サザンクロスB 第14節カテゴリー:U-14

日時
11月4日(土)15:00キックオフ
会場
新門司球技場
アビスパ福岡U-15 3 3 前半 0 0 トリニータ宇佐U-15
0 後半 0
得点経過
19分 椋野魁斗
26分 分島諒
34分 川口佑真
戦績

14戦7勝3分4敗

寸評

立ち上がりはプレーのシンプルさが足りず、中盤でパスが繋がらない場面が目立ちましたが、時間の経過とともにカウンターからチャンスを作れるようになり、徐々にボールを持つ時間が増え、ペースを握れるようになりました。

19分には中盤でボールを受けた椋野魁斗(MF19番)がロングシュートを決め先制すると、26分には中盤でのパスカットから中央を上手く崩し、ディフェンスラインの背後に抜け出した分島諒(FW18番)が落ち着いて決め、2点をリードしました。その後も試合を優位に進め、前半終了間際の34分には川口佑真(MF4番)が左足でミドルシュートを決め、前半が終了しました。

後半もディフェンスラインから冷静にボールを運びながら試合を組み立て、サイドを基点に何度をチャンスを作りましたが、シュートの精度を欠き追加点を奪う事が出来ませんでした。

この試合は立ち上がりの試合の進め方が課題となりました。勝ちはしたものの危ないボールの失い方が何度かあり、失点してもおかしくない展開でした。明日の試合では、試合の入り方を意識して戦いたいと思います。

2017 第31回福岡県クラブユース(U-14)サッカー大会福岡支部大会ラウンド16カテゴリー:U-14

日時
11月5日(日) 10:40キックオフ
会場
西鞍の丘総合運動公園
アビスパ福岡U-14 2 1 前半 1 1 TONAKAI
1 後半 0
得点経過
5分 失点
26分 椋野魁斗
53分 椋野魁斗
寸評

試合開始から全体的にパススピードが遅く、相手にプレッシャーをかけられたりインターセプトされる場面が目立ちました。5分には相手のロングボールに対し、GKが取り損ね、相手にボールを奪われて先制を許しました。その後は焦りもあって攻め急いだり、遠目から無理にシュートを打つ場面があり、チャンスを活かせませんでした。何度かチャンスがあった後の26分、ペナルティエリアやや右寄りでボールを受けた椋野魁斗(MF19番)がシュートを打ち、相手に当たり跳ね返った所をもう一度シュートし、上手くゴール左上に突き刺し同点に追いつきました。

後半はほとんどの時間を相手コートで試合を進める事ができ、両サイドを広く使い攻撃していましたが、クロスボールやシュートの精度を欠き、なかなかゴールに結びつきませんでした。それでも53分、ゴール前で相手のクリアボールを拾った平井祐生(MF6番)がシュートし、そのボールを椋野魁斗(MF19番)がGKの前でコースを変え、逆転する事ができました。その後、試合終盤は危ない場面もありましたが、なんとか勝ち切る事ができました。

この試合は早い時間に失点し難しい展開でしたが、粘り強く戦い勝利する事が出来ました。今後は前半から自分達のペースで試合を進められるように集中して、試合に挑みたいと思います。

【次戦】
2017 第31回福岡県クラブユース(U-14)サッカー大会福岡支部大会ラウンド8
11月12日(日) 時間・場所未定 vs CAグランロッサ

2017 第4回九州ユース(U-13)サッカーリーグ 第16節カテゴリー:U-13

日時
11月5日(日) 10:00キックオフ
会場
田川猪位金グラウンド
アビスパ福岡U-13 5 5 前半 0 1 小倉南FC U-13
0 後半 1
得点経過
1分 香月大和
20分 松藤修士
23分 宮部開
25分 香月大和
30分 香月大和
60分 失点
戦績

16戦9勝5敗1分 勝点28得点59失点24得失点差+35

寸評

この試合、前半開始早々に左サイドを突破した安永海童(MF5番)のクロスボールに、香月大和(FW12番)が合わせ、先制することができました。

20分には、積極的なオーバーラップで攻撃参加した松藤修士(DF19番)が左足でミドルシュートを決め、23分には田山芳規(FW9番)のコーナーキックを宮部開(DF8番)が合わせ、さらに香月大和が追加点を奪い前半を折り返しました。

後半に入り、守備から攻撃への切り替えが遅くなり、関わる選手が少なく単調な攻撃になってしまいました。ひとりひとりのボールを受ける前の準備が遅く、相手を観て判断してプレーすることが少なくなったことが課題となりました。

今日の試合の課題を日々のトレーニングで意識し、高い向上心をもって取り組んでいきたいと思います。

【次戦】
2017 第4回九州ユース(U-13)サッカーリーグ 第17節
11月12日(日) 10:30キックオフ vs大分トリニータU-13【福岡フットボールセンター】

東区内リーグカテゴリー:U-10

日時
11月4日(土)
会場
和白青松園グランド
第8節 9:30キックオフ
アビスパ福岡U-10 4 2 前半 0 0 和白東SSS
2 後半 0
得点経過
6分 下山誠史
8分 下山誠史
17分 古後海慧
22分 杉谷俊哉
第9節 11:30キックオフ
アビスパ福岡U-10 4 2 前半 0 0 CLUB東福岡ジュニア
2 後半 0
得点経過
8分 杉谷俊哉
14分 石原直樹
20分 久保拓夢
26分 鮫島遼介
第10節 13:50キックオフ
アビスパ福岡U-10 9 5 前半 0 0 和白JFC
4 後半 0
得点経過
5分 石原直樹
6分 石原直樹
9分 古後海慧
10分 河村彩叶
13分 石原直樹
16分 野田凌平
21分 村瀬泰遥
27分 野田凌平
28分 久保拓夢
戦績

10勝0敗 1位(残り2試合)

寸評

東区内リーグが和白青松園グランドで行われました。

風が強く、ボールを保持するには技術(止める蹴る運ぶ)が必要な状況でした。初戦は浮いたボールや長いボールが多くなり、パスの精度を欠き、意図的にゴールへ向かうことができませんでした。

その後、前向きにプレーするためにポジショニングを早くとること、パスした後もパスコースを作り続けること、またどこにどのようなパスをいつ出すのかパスの質を求めました。GKからのビルドアップも徐々に良くなり、スムーズに前にボールを運ぶことができるようになりました。ただ、パスを受けた時に背中側から来る相手を観ることができなかったり、DFラインを見てなくてオフサイドになったり、まだまだ「観る」力が不足しています。

「観る」ことで状況を把握し、プレーを選択し、ひとつひとつのプレーの質を高めていくことができるよう、引き続きトレーニングしていきたいと思います。

  ページの先頭へもどる