アビスパ福岡公式サイト

アビスパ福岡公式サイト

メニュー
  • 福岡地所
  • プレミアモバイル株式会社
  • 株式会社ふくや
  • ピエトロ
  • ビケンテクノ
  • 福岡市

アカデミー・スクール

アカデミー試合結果 2016年3月

3月

横浜F・マリノス主催
研修合同キャンプ2016(U-15)in館山カテゴリー:U-15

日時
2016/03/29~31
会場名
-
1日目
アビスパ福岡U-15 1 0 前半 0 0 ガンバ大阪
1 後半 0
得点者
吉村銀河(3年生)
アビスパ福岡U-15 0 0 前半 0 1 コンサドーレ札幌
0 後半 1
得点者
-
2日目
アビスパ福岡U-15 0 0 前半 1 1 ヴィッセル神戸
0 後半 0
得点者
-
アビスパ福岡U-15 1 1 前半 1 2 ベガルタ仙台
0 後半 1
得点者
石橋翔太(2年生)
3日目
アビスパ福岡U-15 1 0 前半 1 1 横浜F・マリノス追浜
1 後半 0
得点者
井原直人(3年生)
結果

1勝3敗1分け

Jクラブの下部組織に所属するU-15で構成されるチームのフェスティバルに参加しました。今、自分達の力がどれ程、通用するのか、しないのかを肌で感じることが出来た遠征でした。5試合行って、チームが上手くいってる時、上手くいってない時、なにを考え、伝え、行動し、チームとして良い方向に持っていくかを選手と深く考えれました。参加したチームとの違いは基本技術(止める、蹴る)、判断スピード、予測でした。この課題を謙虚に向き合って日々のトレーニングで高い意識を持って行っていきます。
しかし通用する部分もありました。今年のチームは、ずば抜けた選手はいませんが、チーム全員がハードワークができ、球際も強くいけボールを奪う力は通用しました。チームの良さを消さないように生かしつつ、全国でも通用するチームを目指して頑張ります。

U-15今後のスケジュール
九州リーグvsソレッソ熊本15:00
(佐賀フットボールセンター唐津)

第10回フェニックスジュニアユースカップカテゴリー:U-14

日時
2016/03/26~28
会場名
-
予選リーグ
アビスパ福岡U-14 1 1 前半 3 6 F.Cuore(鹿児島県)
0 後半 3
得点者
角田朋輝(新2年生)
アビスパ福岡U-14 3 0 前半 0 0 門川中(宮崎県)
3 後半 0
得点者
角田朋輝(新2年生)藤原尚篤(新1年生) 分島諒(新1年生)
2位トーナメント1回戦
アビスパ福岡U-14 1 0 前半 0 1 セントラルFC宮崎(宮崎県)
1 後半 1
4 PK 1
得点者
角田朋輝(新2年生)
2位トーナメント2回戦
アビスパ福岡U-14 1 0 前半 0 0 ヴィラル木花サッカークラブ(宮崎県)
1 後半 0
得点者
中島遼一郎(新3年生)
2位トーナメント決勝
アビスパ福岡U-14 1 0 前半 1 4 TINO(福岡県)
1 後半 3
得点者
角田朋輝(新2年生)
結果

2位トーナメント準優勝

この大会は自分達より1つ学年が上のチームばかりでフィジカルに差がある大会でした。しかしそのフィジカルの差を選手がどうすれば埋めて試合に勝つことが出来るかを考える力。そして絶対勝つんだという勝負へのこだわりが足りなかったと思います。
この大会で学んだ勝負へのこだわりを日々のトレーニングから意識して行っていきます。
ピッチ以外では、時間を守る、荷物の整理、挨拶などは積極的に出来ていたので、遠征中だけではなく日頃から続けていきたいと思います。

福岡県ユース(U-15)サッカーリーグ2部 第6節カテゴリー:U-15

日時
2016/03/20 13:00 Kickoff
会場名
西鞍の丘グラウンド
 
アビスパ福岡U-15B 1 1 前半 1 2 姪浜中学校
0 後半 1
得点者
新川翔太(1年)
結果

6戦2勝3敗1引き分け

前半、ボールを保持するも決定機がなく逆にカウンターから危ない場面が何度かありました。それでも早い仕掛けから中央を崩し先制する事ができました。しかし前半終了間際にクロスボールのこぼれ球から決められ前半終了。後半も前半同様にボールを保持し、攻め続けて決定機もあったのですが決めきる事が出来ず、カウンターから相手に突破を許し逆転されてしまいました。その後、同点を目指し必死に攻めたのですが追いつけず試合が終わりました。課題としてはボールを奪った後、時間をかけずに速くシュートまで持って行く事が必要だと感じたので、今後の練習で取り組んで行きたいと思います。

次戦
福岡県ユース(U-15)サッカーリーグ2部 第7節
4月10日(日)10:00キックオフ vs 川崎FC [田川市猪位金グラウンド]

第7回九州ユース(U-15)サッカー大会カテゴリー:U-14

日時
2016/03/20 13:00 Kickoff
会場名
福岡フットボールセンター
 
アビスパ福岡U-14 2 1 前半 0 0 サガン鳥栖唐津
1 後半 0
得点者
(32分)石橋翔太(1年)
(79分)谷川麟太朗(2年)
結果

2016第7回九州リーグ(U-15)順位
1.アビスパ福岡 勝ち点9 得失点+8
2.ブレイズ熊本 勝ち点7 得失点+3
3.サガン鳥栖  勝ち点6 得失点+3
4.神村学園   勝ち点6 得失点+1

前半、相手は陣形を整えアビスパのMF、FWへの縦パスを狙っていました。それに対して、サイドチェンジをして、相手に揺さぶりをかけますが、強固な守備を崩すことが出来ませんでした。しかし、いい時間帯でのセットプレーで先制することが出来ました。後半は相手の整った陣形を崩すため、選手が考え、工夫をし、攻撃を仕掛けますが、受け手と出し手のタイミングが合わなかったり、ちょっとしたパスのズレで相手を崩すことが出来ませんでした。たくさんピンチもチャンスもありましたが、毎試合どっちが勝ってもおかしくない状況の中、無失点で勝利を掴むことが出来ているのは、選手の頑張りだと思います。しかし、勝ち点を重ねてはいますが、課題はたくさんあります。選手達と謙虚にTRに励みたいと思います。

次戦
2016第7回九州リーグ(U-15)
4月3日(日)15:00キックオフ vsソレッソ熊本
会場/佐賀フットボールセンター唐津

サニックス杯国際ユースサッカー大会2016カテゴリー:U-18

日時
2016/03/18~20
会場名
グローバルアリーナ
予選リーグ第3戦(35分ハーフ)3月18日(金)11:50キックオフ
アビスパ福岡U-18 0 0 前半 1 1 青森山田高校
0 後半 0
得点者
 
結果

予選リーグ グループB 順位表
1 青森山田高校  勝点  8
2 東福岡高校   勝点 6.5
3 星稜高校    勝点 5.5
4 アビスパ福岡  勝点 4

※勝点方式 勝4点 PK勝2.5点 PK負1.5点 負0
予選リーグの結果、グループBで4位となりグローバルアリーナ杯(予選リーグ3位・4位)の決勝トーナメントに進みました。

相手のプレッシャーが少ない中で、自分達がボールを保持している時にパスミスが多くシュートまで行く回数が少なかったです。22分に自分達が相手のボールを奪って攻撃しようとする時に、奪った後のパスを奪い返されてしまい、攻撃しようと前線へ出てしまったスペースを相手に使われて左足でスーパーゴールを決められて失点しました。後半は、切り替えのスピードも速く運動量も多くて何度もサイドのコンビネーションで突破したり、シュートチャンスがありました。しかし、相手ディフェンスの体を張った守備やゴールキーパーのビッグセーブなどで同点に追いつく事ができず0対1で敗戦しました。自分達がボールを保持している時にミスが多いのは、1人1人の意識をもっと高く持たせてトレーニングをしなければならないと思いました。


グローバルアリーナ杯(35分ハーフ)3月19日(土)11:30キックオフ
アビスパ福岡U-18 0 0 前半 1 2 市立船橋高校
0 後半 1
得点者
 

前半から、球際の攻防で負けたりパスの精度が悪く味方とタイミングが合わずにボールを奪われる事が多かったです。21分に相手の最終ラインから自分達の背後へ出された1本のパスで簡単に背後を取られて、ゴールキーパーと1対1の状況になり確実に決められて失点しました。その後も、味方とタイミングが合わなかったりセカンドボールが拾えずに、シュートを打つ場面が少なかったです。48分に相手にコーナーキックからシュートのこぼれ玉を入れられて追加点を奪われました。最後まで責任を持って自分のマークにつく事やチームのために今、何をしないといけないのかを考えてプレーする事を選手に求めていきたいです。


グローバルアリーナ杯(35分ハーフ)3月19日(土)16:00キックオフ
アビスパ福岡U-18 4 2 前半 0 0 U-17北京選抜
2 後半 0
得点者
5分 宮内真輝(2年)
20分 崎村祐丞(2年)
40分 野曽隆成(2年)
66分 濱口功聖(2年)
結果

決勝トーナメントの結果、13位決定戦に進みました。

5分に崎村と宮内のコンビネーションで中央突破し最後は宮内が左足で決めて先制しました。20分には、サイドから突破した本田のクロスボールを崎村が決めて2対0になりました。その後は、相手のプレッシャーがない為にボールを保持する時間が長いので、ボールを保持してから次のプレーを考える選手が多かったので攻撃にリズムが生まれませんでした。シンプルにボールを動かす事や味方がボールを積極的に受ける事をハーフタイムに指示して後半に送り出しました。後半は、ワンタッチやツータッチを使いながらコンビネーションでシュートまで行けた場面もありチャンスも多かったです。40分と66分に野曽と濱口がコーナーキックからゴールを奪い4対0で試合終了しました。大会中、コーナーキックからの得点がなかったのでこの試合で得点できた事は収穫でした。


13位決定戦(40分ハーフ)3月20日(日)11:30キックオフ
アビスパ福岡U-18 2 1 前半 0 1 長崎総合科学大学附属高校
1 後半 1
得点者
(26分・68分)崎村祐丞(2年)

自分達の最終ラインでボールを保持する時間が長く前線へボールが入らないことが多かったです。26分に左サイドからのクロスボールを崎村が相手のディフェンスをよく見てかわして右足で決めて先制しました後半は、自分達が攻撃している時のリスク管理が悪くカウンターを受けてしまい、相手のミスにも助けられたのもありますが、失点してもおかしくないような場面が何度かありました。68分には本田のスルーパスから崎村がゴールキーパーとの1対1を確実に決めて追加点を奪いました。77分に相手の中央突破に対する1対1の対応が悪くファウルしてフリーキックを与えてしまい、そのフリーキックを直接決められて失点しました。最後まで粘り強くディフェンスする事や1対1の対応はまだまだ課題かなと思います。


総括

サニックス杯国際ユースサッカー大会2016、アビスパ福岡U-18は16チーム中13位で大会を終えました。予選リーグでは、星稜高校・東福岡高校・青森山田高校と対戦して4失点しましたがその内の3失点がPKでした。1対1の対応や最後まで体を張って粘り強くファウルをせずにディフェンスする事などの課題はトレーニングで改善していきたいと思います。攻撃では、まだまだパスやコントロールの質が低く簡単にボールを奪われる事が多かったです。毎試合、同じような課題が出てくるという事は、選手1人1人の意識を変えていかなければならないと思います。この大会を通じて、自分が何ができて何ができなかったのかを振り返る事や、対戦相手から何か感じる事があったと思います。チームとしての目標を達成する為に、自分の目標を達成する為にどんな状況でも自分と向き合ってほしいです。

サニックス杯国際ユースサッカー大会2016のベストイレブンにキャプテンの宮内真輝(2年)が選ばれました。

【次戦】
2016 U-16チャレンジリーグ (グローバルアリーナ)
3月30日(水)
11:00キックオフ vs ロアッソ熊本
16:00キックオフ vs カマタマーレ讃岐

サニックス杯国際ユースサッカー大会2016カテゴリー:U-18

日時
2016/03/17
会場名
グローバルアリーナ
予選リーグ第1戦(35分ハーフ)11:50キックオフ
アビスパ福岡U-18 2 0 前半 1 2 星稜高校
2 後半 1
5 PK 3
得点者
(49分・70分)宮内真輝(2年)

前半は自分達が相手からボールを奪った時、簡単に前線へ蹴ってしまいボールを失う回数が多くてなかなかリズムが作れない展開でした。そんな展開の中、16分にフリーキックの場面でペナルティエリア内の相手にファウルをしてPKを献上し失点しました。その後は、何度か決定的なチャンスがありましたがシュート精度が低いのと相手ゴールキーパーのビッグセーブなどで、同点に追いつく事ができませんでした。後半は、運動量を上げてアグレシッブにチャレンジしようと送り出しましたが、立ち上がりすぐに1対1の対応が悪く相手をペナルティエリア内でファウルをしてPKを献上し追加点を奪われました。2点を追う展開の中、49分本田の上げたクロスボールを宮内が左足で合わせて1点を返しました。相手の運動量が落ちてきて押し込む時間帯が続き、サイドからの攻撃で何度も相手を崩してチャンスを作りました。1点差で迎えた70分に崎村のクロスボールを宮内がヘディングで決めて同点に追いついて試合終了しました。PK戦では暁が相手の1本目を止めてアビスパは全員が成功して5対3で勝利しました。1対1の対応など改善したいと思います。


予選リーグ第2戦(35分ハーフ)16:10キックオフ
アビスパ福岡U-18 1 1 前半 1 1 東福岡高校
0 後半 0
2 PK 4
得点者
24分 崎村祐丞(2年)
結果

予選リーグ グループB 順位表(第2戦終了時)
1 星稜高校      勝点 5.5
2 青森山田高校    勝点 4
3 アビスパ福岡U-18  勝点 4
4 東福岡高校     勝点 2.5
※勝点方式 勝4点 PK勝2.5点 PK負1.5点 負0

試合開始早々の3分に相手のドリブルに対して対応が悪くペナルティエリア内でファウルをしてPKを献上し失点しました。星稜高校戦でも出た課題が集中して試合に入らなければいけない時間帯に出てしまった事はもっと1人1人が守備力を上げていかなければならないと思いました。その後も相手から奪ったボールやボールを保持している時に、パスの精度や質が悪くミスが増えて自分達で体力を消耗してしまうような展開が続きました。時間の経過とともに少しずつ切り替えのスピードが速くなってきてシュートまで行けるようになってきた24分に、宮内が右サイドからクロスボールを上げて崎村がヘディングで合わせて同点になりました。後半は立ち上がりから積極的にチャレンジして運動量も多くなりシュートまで行ける回数が増えましたが、得点を奪う事ができませんでした。試合終盤には、足が痙攣を起こす選手が多くなってきて選手交代をしながら逆転を狙うも同点のまま試合終了しました。PK戦では、1本目の濱口2本目の稗田がゴールキーパーに止められて相手は全員成功し2対4で敗戦しました。体力的な所や、1対1の対応など選手1人1人が自分と向き合っていってほしいです。

第7回九州ユース(U-15)サッカー大会カテゴリー:U-14

日時
2016/03/13 12:40 Kickoff
会場名
嘉島町総合運動公園
 
アビスパ福岡U-14 4 1 前半 0 0 太陽スポーツクラブ
3 後半 0
得点者
(9分)吉村銀河(2年)
(52分)田代鈜希(2年)
(71分)石橋翔太(1年)
(74分)中村桃士朗(2年)
結果

2016第7回九州リーグ(U-15)順位
1.アビスパ福岡  勝ち点6  得失点+6
2.サガン鳥栖   勝ち点6  得失点+5
3.ブレイズ熊本  勝ち点6  得失点+3
4.大分トリニータ 勝ち点3  得失点+2

試合開始から、チーム全員の集中力が高くゲームの 入りが良く、ボールを長い時間保持することが出来ました。前節と同様、吉村がハーフライン付近からロングシュートを打ち先制しました。先制した後、相手も積極的に仕掛けて来るが、球際の強さやゴール前で体を張り続け前半を無失点で終了しました。後半、攻められる時間帯はありましたが、集中力が高く、奪ってから切り替えが早く、いい時間帯で得点を重ねることが出来ました。1試合通して体を張る、切り替えの速さが良かったと思います。毎試合、[勝つんだ]と気持ちの入った試合が出来るように準備していきたいとおもいます。

次戦
2016第7回九州リーグ(U-15)
3月20日(日)13:00キックオフ vsサガン鳥栖唐津
会場/福岡フットボールセンター

第7回九州ユース(U-15)サッカー大会カテゴリー:U-14

日時
2016/03/06 14:00 Kickoff
会場名
湯布院スポーツセンター
 
アビスパ福岡U-14 2 1 前半 0 0 大分トリニータ宇佐
1 後半 0
得点者
(20分)松本幸樹(2年)
(79分)吉村銀河(2年)
結果

初戦のため他会場の結果報告待ちです。

2016第7回九州リーグ(U-15)開幕戦。立ち上がりアビスパは、動き、反応が悪く相手にDFラインの裏をつかれピンチを招きました。ピンチを回避すると徐々にマイボールの時間が多くなっていき、ゴールに向かおうとするが、人と人が連動する動きがなく、攻撃が単調に終わり、シュートまで持ち込めない時間帯が続きました。マイボールからボールを失う回数が多くなるが、奪われた瞬間に中盤での切り替えが早く、またマイボールにし、相手敵陣でボールを保持するようになりました。ボールを保持した中で連動がうまれサイドチェンジからクロスボールがゴールに吸い込まれ先制することが出来ました。先制してからは、チーム全体が落ち着きを取り戻しましたが、相手も高い基本技術と高い集中力で、一進一退の攻防が続きました。試合終了間際、キャンプテン吉村が一瞬の隙をつきロングシュートを決め2-0で初戦を勝利で終わることが出来ました。課題はたくさんありますが、九州リーグ優勝し、全国大会でいい成績を残せるように、チーム全員で課題に向き合い毎日チャレンジして行きたいと思います。

次戦
2016第7回九州リーグ(U-15)
3月13日(日)12:40キックオフ vs太陽スポーツクラブ
会場/熊本県嘉島町総合運動公園

福岡県ユース(U-15)サッカーリーグ2部 第4節カテゴリー:U-15

日時
2016/03/05 10:00 Kickoff
会場名
田川市こがねが丘陸上競技場
 
アビスパ福岡U-15B 7 3 前半 1 1 田主丸中学校
4 後半 0
得点者
牛鼻世波(1年) 大野我意2 (2年) 角田朋輝(1年) 大石遼馬(1年) 田中丈士(1年) 内田晴斗(2年)
結果

4戦2勝1敗1引き分け

前節、BUDDY FCとの対戦では相手の速いプレッシャーの中でなかなか自分たちのプレーが出来ませんでした。この試合は序盤から積極的にプレーし3得点奪う事が出来たのですが、その後集中が切れ1点返されてしまい、そのほかにも危ない場面を作られてしまいました。後半、気持ちを入れ直し4得点出来た事は良かったのですが、そのほかにも数多くあったシュートチャンスを決めきる事が出来なかった事が課題となりました。今後は、1試合を通して集中してプレー出来るように改善していきたいと思います。

[次節]
福岡県ユース(U-15)サッカーリーグ2部 第5節
3月12日(土)13:00キックオフ vs グローバル[西鞍の丘グラウンド]

  ページの先頭へもどる