アビスパ福岡公式サイト

アビスパ福岡公式サイト

メニュー
  • 福岡地所
  • プレミアモバイル株式会社
  • 株式会社ふくや
  • ピエトロ
  • ビケンテクノ
  • 福岡市

アカデミー・スクール

アカデミー試合結果 2017年5月

5月

第28回九州クラブユース(U-18)サッカー選手権大会2回戦
カテゴリー:U-18

日時
5月28日(日)11:00キックオフ
会場
西南田尻グリーンフィールド
アビスパ福岡U-18 4 0 前半 0 0 西南FC
4 後半 0
得点者
60分  北島祐二(2年生)
65分  鷹巣直希(1年生)
75分  渡邉海斗(1年生)
90分+1 庄司一輝(2年生)
寸評

九州クラブユースサッカー選手権の2回戦で、西南FCと対戦しました。

立ち上がりから、引いて守備を固めてくる相手に対して、自分達がボールを持つ時間は長いのですが、前線の選手の動き出しがはっきりせずに自分達のリズムで攻撃できず、相手にパスを奪われてカウンターを受けてしまう場面もあるような展開で前半は0対0で折り返しました。

ハーフタイムに相手のどこにスペースがあるかを見ることや相手に合わせるのではなく、自分達から積極的にアクションを起こそうと送り出しました。

後半は、前線の動き出しが早くなり相手の背後へ何度も抜け出しますが、なかなか得点が奪えませんでしたが、60分に交代で入った庄司のパスから北島が決めて先制し、65分には大森のパスにサイドバックの鷹巣が長い距離を走って抜け出しループシュートを決めて追加点を奪う事が出来ました。

その後は、相手の攻撃に対してしっかりとリスク管理しながら守備をしていき、75分と90分+1に渡邉と庄司が決めて4対0で試合終了しました。

次戦のアミーゴス鹿児島U-18戦に勝利すれば、夏に開催される日本クラブユース選手権大会への出場が決まる大事な一戦なので、しっかりと良い準備をして、全国大会の切符を手に入れられるようにしたいと思います。

【次戦】
6月3日(土)
第28回九州クラブユース(U-18)サッカー選手権大会準決勝
11:00vsアミーゴス鹿児島U-18(佐賀市健康運動センター)

第8回九州ユース(U-15)サッカー大会 第12節
カテゴリー:U-15

日時
5月28日(日)13:00キックオフ
会場
嘉島町総合運動公園
アビスパ福岡U-15 0 0 前半 1 4 ロアッソ熊本
0 後半 3
得点者
27分 失点
41分 失点
57分 失点
65分 失点
戦績

8位 勝点17 5勝2分6敗

寸評

立ち上がり球離れが悪く、ボールがきて考え、判断してるため相手の陣形を崩せなく、なかなかゴールに向かえませんでした。なんとかゴールを目指そうとしましたが、ロングボールが雑だったり1人、1人の距離が遠く連動した攻撃ができませんでした。

27分相手ボールを奪いに連動した守備をしようとしましたが、少し遅れた隙を突かれ失点しました。失点してから1人、1人関わりを持てる距離になり中から外、外から中にとボールが回るようになりチャンスを作れるようになりましたが、決めれず前半を終了しました。ハーフタイムには攻撃では1人、1人関わりを持てる距離にいること、ボランチを上手く使いながらピッチを広く使っていくこと。守備では自分に責任を持つことを伝えてピッチにおくりだしました。

後半開始1分に自分たちの判断ミスから失点しました。2点差になってから、前を向くしかない状況で下を向き、チーム全体が下を向きました。当然、下を向いたチームに失点が続き0-4で試合終了しました。試合中、自分、チームがうまくいかない時、苦しい時、自分がどうこうではく、チームのためになにができるかを考え、そして行動出来るように、トレーニングから取り組んでいきます。

【次戦】
6月18日(日)
第8回九州ユース(U-15)サッカー大会 第14節
13:00vs神村学園(吹上浜海浜公園)

2017 第4回九州ユース(U-13)サッカーリーグ 第2節
カテゴリー:U-13

日時
5月28日(日) 14:40キックオフ
会場
嘉島町総合運動公園
アビスパ福岡U-13 1 1 前半 0 0 ロアッソ熊本U-13
0 後半 0
得点者
22分 竹内侑希
戦績

2戦2勝 勝点6得点5失点3得失点差+2

寸評

今日は気温が高く、非常に暑い中での試合となりました。

前半から積極的な守備でボールを奪い、攻撃の糸口を探ろうとしましたが、ゴールに向かうからアクションが弱く、なかなかシュートまでいけない展開となりました。お互い激しい球際の攻防が続く中、前半22に相手ペナルティーエリア付近のこぼれ球に素早く反応した竹内侑希がドリブルで斬り込み左足でシュートを決め先制点を挙げました。その後もチャンスを作りましたが得点することができず、前半を終えました。

後半に入り、各選手がゴールへ向かう強い意識を持ち積極的にプレーしましたが、ラストパスの質、シュートの質が低く追加点を奪うことができませんでした。試合終盤は暑さもありとても苦しい時間帯がありましたが、DF宮部開を中心に最後までチーム全員でハードワークし、勝利することができました。

この試合では、ゴールを奪うためにボールを持っていない選手がタイミングよくアクションを起こすこと、味方・相手をよく観てプレーすることが課題となりました。

今後も、この試合での課題をトレーニングで改善し、さらに個々の選手の能力を向上させていけるよう、チーム一丸となって努力していきたいと思います。

【次戦】
6月18日(日)
2017 第4回九州ユース(U-13)サッカーリーグ 第3節
14:40vs神村学園(吹上浜海浜公園グラウンド)

2017年度福岡支部U-11リーグ1部パート前期
カテゴリー:U-12

日時
5月27日(土)
会場
西部運動公園
第4節 11:00キックオフ
アビスパ福岡U-11 1 0 前半 0 1 今宿
1 後半 1
得点者
20分 失点
22分 山口陸久
第5節 15:30キックオフ
アビスパ福岡U-11 0 0 前半 1 1 J-WIN
0 後半 0
得点者
14分 失点
戦績

3勝1分1敗 勝点10得点13失点3得失点差+10 現在暫定2位

寸評

本日、西部運動公園で、「2017年度福岡支部U-11リーグ1部パート前期」の2試合が行われました。

今週から、「GKを含んだビルドアップ」をテーマにトレーニングを行い、本日の試合に挑みましたが、2試合を通じ前線からアグレッシブにプレッシャーをかけてくる相手に対し、なかなか前にボールを運べず苦しんだ試合展開となりました。

守備では、厳しくボールにプレッシャーをかけ、失ったボールをすぐに奪い返す事はできていましたが、奪い返したボールをなかなか前に運ぶ事ができず、簡単にゴールキーパーまでボールを返すシーンが多く、自陣での攻防が長い試合内容でした。

受ける前の準備やポジショニング、ファーストタッチの質、パスの質を上げていくことが今後の課題となりました。

今後も日常の練習から高い守備意識を持ち、その守備に打ち勝つ攻撃の質を高めていきたいと思います。

本日、西南FCのスタッフ保護者の皆様、会場運営ありがとうございました。

【次戦】
6月11日(日)
017年度福岡支部U-11リーグ1部パート前期(百道中央公園)
第6節 11:00vsエリア伊都
第7節 13:00vs西南FC

九州産業大学スポーツフェスタ2017 第23回 学長旗ジュニアサッカー大会
カテゴリー:U-12

日時
5月20日(土)・21日(日)
会場
九州産業大学 陸上競技場・球技場
予選トーナメント1回戦 9:50
アビスパ福岡U-11 7 3 前半 1 1 有田
4 後半 0
得点者
2分  松永直大
4分  森部絢
6分  失点
14分 中村颯真
16分 楢崎佑馬
26分 山口陸久
27分 中村颯真
28分 山口陸久
予選トーナメント2回戦 11:50
アビスパ福岡U-11 6 6 前半 0 0 下原
0 後半 0
得点者
2分  楢崎佑馬
4分  楢崎佑馬
6分  中村颯真
14分 山口陸久
16分 楢崎佑馬
26分 山口陸久
決勝トーナメント1回戦 10:30
アビスパ福岡U-11 2 1 前半 0

0 ACファルベン
1 後半 0
得点者
3分  池町涼太郎
12分 速水仁
準決勝 12:40
アビスパ福岡U-11 4 1 前半 1 2 美和台
3 後半 1
得点者
7分 山口陸久
13分 失点
17分 速水仁
20分 失点
24分 楢崎佑馬
28分 楢崎佑馬
決勝 14:40
アビスパ福岡U-11 3 2 前半 0 0 東福岡
1 後半 0
得点者
7分  山口陸久
10分 中村颯真
27分 中村颯真
戦績

優勝

寸評

5月20日・21日に、九州産業大学で「九州産業大学スポーツフェスタ2017 第23回 学長旗ジュニアサッカー大会」が行われました。

今大会では、日頃行っている8人制での試合ではなく、11人制で行われました。

5月から「守備」をテーマに練習を行っているため、守備の意識が高く、ボールへのアプローチの速さ、球際の強さ、粘り強い守備が目立つ内容となりました。また、組織でゴールを守り、ボールを奪いにいくことができ、1つ上の学年相手に主導権を握らせない戦いができました。

攻撃では、ボールを受ける前に、次の選手へのパスコースを作り、タイミング良く動き出せる選手や、正確に背後に蹴れる選手が増えました。

その中で、今大会ではゴールに向かうワンタッチプレーが多く、何度も相手守備ラインの背後を突いて攻撃を行いゴールを奪うシーンを作り出すことができました。

決勝戦では、数多くの選手・指導者・保護者の方が観戦していただき、緊張感のある試合になりました。

前半7分、守備の時間が長い中、相手守備ラインで相手の横パスをインターセプトした山口陸久が、冷静にゴール左隅に流し込み先制することができました。

また、前半10分にも中盤で吉松優人がボールを奪い、素早く前方の山口陸久へパスを繋ぎシュートを打ち、こぼれ球に反応した中村颯真が、しっかりゴールを決める事ができました。

後半も、守備の時間が長い試合展開となりましたが、ゴールキーパーの金子智を中心に堅い守備で、相手チームの攻撃を封じることができました。我慢の時間が続く中、試合終了間際には、奪ったボールを池町涼太郎がワンタッチで相手守備ラインの背後にパスをだし、走り込んだ中村颯真がダイレクトで決める事ができました。

決勝戦では、守備の時間が長い中、全選手が最後まで諦めずハードワークし、奪ったボールをシンプルに前方の選手へパスを出し、時間をかけずにゴールに向かえた事が勝利のカギになったと思います。

2日間、九州産業大学の関係者の方、九州産業大学サッカー部の方、東区ジュニア委員会の皆様、大会運営ありがとうございました。

第8回九州ユース(U-15)サッカー大会 第11節
カテゴリー:U-15

日時
5月14日(日)13:00キックオフ
会場
吹上浜海浜公園
アビスパ福岡U-15 1 1 前半 0 0 太陽スポーツ
0 後半 0
得点経過
13分 石橋翔太
戦績

-

寸評

相手は5バックの布陣を作り石橋翔太、角田朋輝に3人で対応してきました。相手の布陣によってDFラインの森山公弥と段上直樹からボールを前線に配球できる展開になりました。サイドバックの木村竜也が相手の最終ラインの背後にパスを出し何度もチャンスを演出しました。

13分に何度も狙ってたDFラインの背後を石橋翔太がうまくすり抜け落ち着いて決め先制に成功しました。先制してからサイドを使いゴールを目指しますが、相手も粘り強く守り、追加点が奪えず前半を終了しました。

後半に入っても相手を中に寄せて相手の薄いサイドをサイドバックがタイミング良くオーバーラップをし、チャンスを作りますが得点を奪えませんでした。カウンターを何度か受けますが、DFラインの良い準備でチャンスを作らせませんでした。80分通して全員が良い準備とハードワークをして勝利で終えることが出来ました。いつも良い準備ができるようにトレーニングから意識を高く持って取り組んで行きます。

【次戦】
5月28日(日)
第8回九州ユース(U-15)サッカー大会 第12節
13:00 vsロアッソ熊本(嘉島町総合運動公園)

福岡県ユース(U-15)サッカーリーグ2部 第11節
カテゴリー:U-15

日時
5月14日(日)10:00キックオフ
会場
田川市こがねが丘陸上競技場
アビスパ福岡U-15B 0 0 前半 1 3 川崎FC
0 後半 2
得点経過
前半 40分 失点
後半 4分 失点
後半 9分 失点
戦績

10戦5勝5敗

寸評

前節・前々節で敗戦し、現在2連敗中でこの試合を迎えました。前半はパスミスやコントロールミスなど技術的なミスでボールを失う事が多く、チームとして効果的なプレーが全くできませんでした。守備でも1対1の場面で簡単に飛び込みかわされたり、コミュニケーション不足からピンチに繋がったりと全くいいところなく前半終了間際の40分にCKから失点し前半が終了しました。

ハーフタイムには、もっと運動量を増やし積極的に前に出ようと話し後半を迎えました。
後半も攻撃に出ようとしたところでのミスが続き後半4分には、またCKから失点しリードを広げられてしまいました。後半9分にはその失点で前がかりに攻撃しようと前に出たところでボールを失い、そこからのカウンターで3点目を奪われてしまいました。その後も単純なミスが続きチャンスらしいチャンスが作れないまま試合が終了しました。

この日は試合前のウォーミングアップから集中できてないように感じました。これからはそういう細かい所にも気を配り、試合開始直後からハードワークできるようにしていきたいと思います。プレーではまだまだ技術的なミスが多いので日頃から1つ1つのプレーにこだわってやっていきたいと思います。

[次節]
福岡県ユース(U-15)サッカーリーグ2部 第8節(延期分)
5月20日(土)10:00vsPFTC[香月中央公園]

2017 第4回九州ユース(U-13)サッカーリーグ 第1節
カテゴリー:U-13

日時
5月14日(日)14:40キックオフ
会場
吹上浜海浜公園グラウンド
アビスパ福岡U-13 4 2 前半 1 3 太陽スポーツクラブU-13
2 後半 2
得点経過
14分 古谷陸翔
22分 古谷陸翔
28分 失点
40分 失点
41分 失点
50分 ゲイル ジョシュア
54分 古谷陸翔
戦績

1戦1勝 勝点3得点4失点3得失点差+1

寸評

今日の試合、アビスパ福岡U-13として初めての公式戦でした。

試合前には、アビスパ福岡のエンブレムを背負って戦える喜びと誇りを感じ、思いっきりチャレンジしようと伝えて試合に臨みました。

試合開始序盤から、お互い勝ちたいという気持ちの入ったプレッシャーの掛け合いで一進一退の攻防が続きましたが、前半14分に中盤での積極的な守備でボールを奪い、フリーで前を向いた古谷陸翔がミドルシュートを決め先制点を奪うことができました。
さらに22分に古谷陸翔が追加点を挙げ試合を優勢に進めることができました。しかし、28分に相手FWにディフェンスラインの背後に抜け出され失点し、2−1で前半を終えました。

ハーフタイムには、ゴールへ向かうためにボールを受ける準備を早くすること、攻守の切り替えを相手よりも早くすること、勝利のためにチーム全員でハードワークすることを伝え後半に臨みました。

後半開始早々にチャンスを迎えましたが決めきることができず、40分、41分と立て続けに失点して逆転を許し追いかける展開となりましたが、選手たちは意気消沈することなく積極的にゴールを目指し、20分には相手ビルドアップを奪ったゲイル ジョシュアが同点ゴールを挙げ、さらに24分にはゲイル ジョシュアからのパスを受けた古谷陸翔が冷静にゴール左隅に流し込み逆転に成功しました。
試合終盤苦しい時間帯もありましたが、最後までチーム全員でハードワークし勝利することができました。

今後も、選手個人の能力を伸ばすとともに、この試合で選手一人一人が感じた課題をトレーニングで改善し、強い向上心を持ってこれからの試合に臨んでいきたいと思います。

【次節】
2017 第4回九州ユース(U-13)サッカーリーグ 第2節
5月28日(日) 14:40キックオフ vsロアッソ熊本U-13 【嘉島町総合運動公園】

2017年度福岡支部U-11リーグ1部パート前期
カテゴリー:U-12

日時
5月14日(日)
会場
百道中央公園
第2節 9:30キックオフ
アビスパ福岡U-11 4 2 前半 0 0 レアッシ福岡
2 後半 0
得点経過
1分 吉松優人
14分 楢崎佑馬
19分 森部絢
20分 楢崎佑馬
第3節 13:15キックオフ
アビスパ福岡U-11 4 2 前半 0 0 龍南
2 後半 0
得点経過
1分 池町涼太郎
5分 楢崎佑馬
17分 福川聖人
21分 速水仁
戦績

-

寸評

本日、百道中央公園で2017年度福岡支部U-11リーグ1部パート前期の2試合が行われました。

2週間「守備」をテーマに練習を行い、子ども達の守備の意識が高まっている中、本日の試合に挑みました。
2試合を通じ、アプローチのスピードや、球際の強さ、粘り強い守備が目立つ試合となりました。
選手たちは、ボールを持っている相手選手の状況や、ファーストディフェンスの角度や距離を観ながら予測し、インターセプトやコントロールミスを逃さずボールを奪う事ができていました。
奪ったボールを前方へ素早く繋ぐ時に起きていたパスミスも以前より減り、橋本つばさのワンタッチパスなどからゴールに繋がる場面もありました。

今後も日常の練習から守備意識を高め、攻守ともに質を追求し、次の試合でもミスを恐れずチャレンジしていきたいと思います。

本日、西南FCのスタッフ保護者の皆様、会場運営ありがとうございました。

《次戦》
5月27日(日)[西部運動公園]
2017年度福岡支部U-11リーグ1部パート前期
第4節 11:00vs今宿、第5節 15:30vsJ-WIN

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグWEST第5節
カテゴリー:U-18

日時
5月6日(土)11:00キックオフ
会場
三木防災公園陸上競技場
アビスパ福岡U-18 2 1 前半 0 1 神戸弘陵高校
1 後半 1
得点経過
6分 大森耕次郎(3年生)
64分 小嶋和典 (2年生)
83分 失点
戦績

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグWEST
1勝0分4敗 勝ち点3 9位

寸評

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグWEST第5節、アウェイで神戸弘陵高校と対戦しました。

立ち上がりから積極的にプレッシャーを掛けて、主導権を握ることができました。6分に前線のプレッシャーからサイドでフリーキックを獲得し、そのフリーキックを大森が味方に合わせたボールが、直接ゴールに入り早い時間帯で先制することが出来ました。その後も追加点を奪いに行きましたが、前半は1対0で折り返しました。ハーフタイムに、先制した1点を守りきるのではなく、追加点を奪いに行こうと送り出しました。

後半は64分に鷹巣がサイドから入れたパスに対して、コンビネーションで相手を崩し、最後は大森のパスを小嶋が決めて追加点を奪いました。83分に相手にミドルシュートを決められて1点差になり、残りの時間帯は守備をする時間が長かったですが、今シーズン初勝利を掴み取るために、全員で粘り強く守備をして、2対1で試合終了しました。

今回の試合メンバーに入れなかった選手や出場停止で出られない選手の為に戦った事が、今シーズン初勝利という結果になったと思います。

次戦もアウェイで阪南大学高校との対戦ですが、仲間の為チームの為にひたむきにプレーして戦いたいと思います。

【次戦】
6月25日(日)
高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグWEST第6節
vs 阪南大学高校(13:00 高見ノ里グラウンド)

第8回九州ユース(U-15)サッカー大会
カテゴリー:U-15

日時
5月4日(木祝)11:50キックオフ
会場
福岡フットボールセンター
アビスパ福岡 7 4 前半 0 1 大分カティオーラ
3 後半 1
得点経過
10分 藤原尚篤
19分 石橋翔太
28分 オウンゴール
31分 藤原尚篤
44分 失点
68分 山根顕星
74分 山根顕星
77分 新川翔太
寸評

試合開始DFラインのパスが安定せず、何度かピンチを招きましたが、GK吉田翼が落ち着いて対応し、失点にはならなかったです。

10分藤原尚篤が個人技から先制すると、前の選手が積極的に仕掛けるようになりました。19分角田朋輝がサイドを突破し、ゴール前にいた石橋翔太に合わせ追加点を奪いました。28分にもシュートが相手DFに当たり、オウンゴールに繋がりました。31分にも藤原尚篤が追加点を奪い、前半を4-0で終了しました。

後半立ち上がりに一瞬の隙を突かれ失点しました。選手交代をして、もう一度リズムを取り戻そうとしました。すると、2年生の山根顕星が立て続けに2点を奪い、終了間際には新川翔太が頭で合わせ、7-1で試合終了しました。すぐ2日後に試合があるので、80分隙を作らないように、また勝利を目指して頑張ります。

【次戦】
5月14日(日)
第8回九州ユース(U-15)サッカー大会 第11節
13:00 vs太陽スポーツ(吹上浜海浜公園)

第8回九州ユース(U-15)サッカー大会 第10節
カテゴリー:U-15

日時
5月7日(日)13:00キックオフ
会場
行橋総合運動公園
アビスパ福岡U-15B 4 0 前半 0 4 大分トリニータ宇佐
4 後半 4
得点経過
43分 藤原尚篤
48分 失点
51分 森山公弥
55分 失点
65分 失点
70分 失点
80分 石橋翔太
80分+3分 川西翼
寸評

試合開始からお互い強風に悩まされ、なかなかリズムを作れませんでした。徐々にマイボールの時間が増え、サイドを起点にチャンスを作り始めました。しかし、最後のクロスの場面で、強風が邪魔をして、ゴールを奪うことが出来ず、前半を終了しました。

後半開始3分右サイドの真崎凌、羽瀬友祐が、コンビネーションでサイドを突破して、いいクロスを上げ、こぼれ球を藤原尚篤が落ち着いて決め、先制に成功しました。しかし、5分後の48分にセットプレーから、GKのファンブルを押し込まれ失点しました。失点直後の51分に、木村竜也のフリーキックから森山公弥が、上手く頭で合わせて追加点を奪い、再度リードする展開になりましたが、55分、65分、70分に立て続けに3失点し追いかける形になりました。チーム全員が最後まで諦めず、80分に石橋翔太が左足を振りぬき得点し、アディショナルにはセットプレーから川西翼が、気持ちで押し込み同点にし、試合終了しました。

どんな環境、条件でも100%力を最初から出せるようにトレーニングに取り組んで行きます。

【次戦】
5月14日(日)
第8回九州ユース(U-15)サッカー大会 第11節
13:00 vs太陽スポーツ(吹上浜海浜公園)

第福岡県ユース(U-15)サッカーリーグ2部 第10節
カテゴリー:U-15

日時
5月7日(日)14:45キックオフ
会場
犀川中学校
アビスパ福岡U-15B 0 0 前半 0 1 ルーヴェン福岡2nd
0 後半 1
得点経過
後半 32分 失点 
戦績

9戦5勝4敗

寸評

前節は7失点しての敗戦だったので、この試合は守備を意識して戦いました。

序盤、右サイドでの崩しから決定的なチャンスがあったものの、シュートを決めきれませんでした。その後は細かいパスミスやコントロールミスから、ボールを失う場面が何度もありましたが、守備陣が落ち着いて対応し、相手にシュートを打たせる事はありませんでした。

前半の20分過ぎからは相手の背後への抜け出しやクロスボールからチャンスは何度もあったのですがラストパスの精度や決定力を欠き無得点で前半が終了しました。

後半も開始からボールを持つ時間が長く、相手陣内で試合を進める事ができ、サイドの突破からのクロスボールで惜しい場面も作れましたが、前半同様、最後の所で決めきれない展開が続きました。なんとかして得点を奪いたかったのですが、後半32分に自分達の一瞬のスキから失点してしまい、その後は焦りから攻撃が単調になってしまい追いつく事ができず試合が終了しました。

この試合は、相手に打たれたシュートはフリーキックからの1本だけでしたが、負けてしまいました。前半から決める所をしっかりと決めないといけないという事を、改めて感じた試合でした。これからはトレーニングの時からシュートを大事にして、試合の中で決定力を上げられるようにしていきたいと思います。

【次節】
5月14日(日)
福岡県ユース(U-15)サッカーリーグ2部 第11節
vs 川崎FC(10:00 田川市こがねが丘陸上競技場)

2017年度福岡支部U-12リーグ4部Bパート
カテゴリー:U-12

日時
5月7日(日)
会場
城浜小学校
第5節(12:00 キックオフ)
アビスパ福岡U-11 6 2 前半 0 0 龍南B
4 後半 0
得点経過
6分 森部絢
17分 楢崎佑馬
25分 重松怜音
27分 森部絢
37分 池町涼太郎
39分 池町涼太郎
第6節 (14:30キックオフ)
アビスパ福岡U-11 3 0 前半 0 1 けご
3 後半 1
得点経過
25分 失点
30分 吉松優人
31分 中村颯真
35分 速水仁
寸評

本日、城浜小学校で2017年度福岡支部U-12リーグ4部Bパートの2試合が行われました。

2試合通じて、攻撃の時間は長いものの、フォワードに入れる縦パスや、ゴール前のラストパスの精度が低く、単調な攻撃が多い試合となりました。

また、受け手の選手が、味方選手や相手選手、スペースを観ておらず、なんとなく足元にボールを止めてしまい、相手選手からプレッシャーを受け、前進していくことができないシーンも多くありました。

パスの質やコントロールの質を高める事も大切ですが、相手を観てプレーをすることも同時にアプローチしていきたいと思います。

また、サイドからの攻撃が多い試合展開となりましたが、クロスボールの質や、クロスに対して中の選手の入り方やタイミングがずれ、ゴールを奪う事ができなかったのはチームの課題となりました。

守備では、ボールを奪われた選手の切り替えが早く、すぐにボールを奪い返すシーンや、パスの出処を予測しインターセプトをできる選手が増えてきたことはチームの収穫だと思います。

日々の練習で課題を克服し、次の試合で成長した姿を見せれるように努力したいと思います。

次節も、応援宜しくお願い致します。

本日、多々良城浜スタッフ保護者の皆様、会場運営ありがとうございました。

【次戦】
2017年度福岡支部U-12リーグ4部Bパート
6月4日(日)[松島小学校]
第7節 11:10vs片江
第8節 13:40vs原小

  ページの先頭へもどる