アビスパ福岡公式サイト

アビスパ福岡公式サイト

メニュー
  • 福岡地所
  • プレミアモバイル株式会社
  • 株式会社ふくや
  • ピエトロ
  • ビケンテクノ
  • 福岡市

アカデミー・スクール

Aviランニングスクールのご案内

今より足が速くなりたい、相手を速くかわしたい、体幹トレーニングを詳しく知りたい。今より競技レベルを向上させたい、という方へ向けて質の高いトレーニングを用意しております。
初めての方も、一緒に楽しく頑張っていきましょう!皆さまからのご応募お待ちしております。

 

【実施目的】
上手な身体の使い方や速く走る方法、当たり負けしない体幹を身につけることを目的とします。
【参加対象】
小中学生(スポーツの種目は問いません)
【場所】
福岡フットボールセンター
【受付場所】
アビスパ福岡本社ロビーにて(福岡フットボールセンター施設内)
【定員】
30名様
【参加費】
2,160円(税込) ⇒2,700円(税込)
※4月より価格改定をさせて頂いております。
当日のお支払いになります。お釣りのないようにご準備下さい。
【時期】
月2回開催(会員制ではなく、その都度の募集となります。)

※開催日時が決定次第、順次ホームページ上にて発表いたします。

 

下記専用受付フォームよりお申込みください

申込フォーム

専用フォームでお申し込みできない場合は、電話でのお申し込みも受け付けております。
Tel : 092-674-3041
担当者:永井、田中

 

●役職:
アビスパ福岡アカデミーコンディショニングコーチ
●経歴:
林整形外科リハビリテーションスタッフ
→朋優学院高校サッカー部トレーナー
→明治学院大学体育会サッカー部トレーナー
→筑陽学園高等学校サッカー部トレーナー
→アビスパ福岡アカデミー
●資格:
鍼灸師、日本体育協会公認アスレティックトレーナー

バプチスタ・マテウス・エイキ(Mateus Eiki Baptista)

●役職:
アビスパ福岡アカデミーフィジカルコーチ
●経歴:
パドレ アルビノ大学卒→サンパウロ国立大学卒→サンカエターノ(※インターン)→サントスフットボールクラブ(※インターン)→CAペナポレンセ フィジカルコーチ→AAAインテルナショナルベベドウロ フィジカルコーチ→オリンピアFC フィジカルコーチ→モンテアズール トップ兼下部組織 フィジカル部門コーディネーター→アパレシデンセ フィジカルコーチ→フェダット・スポーツ→アビスパ福岡アカデミー

●資格:
外的影響と結果を関連付けるパワートレーニング資格、ピラティスファンクショナルトレーニング、ストレッチ&リラクゼーション資格、ブラジルサンパウロ国立大学運動生理学修士号、スーパーコアトレーニング資格、コアファンクショナルトレーニング資格

Q:
小学校低学年の子でも参加可能でしょうか?
A:
はい可能です。学年に応じたメニューとグループ分けを行っているので低学年のお子様でも参加可能な内容となっています。
Q:
サッカー以外のスポーツをしているのですが参加可能でしょうか?
A:
はい可能です。基本的な走り方からより効率的な走り方ができるようにトレーニングを行っています。サッカーのみならず、幅広く参加頂けたらと思います。
Q:
スクールへはどの位の頻度で参加した方が良いですか?
A:
基本的には月1~2回程度の頻度で参加頂けるとお子様への刺激としては効果的です。ただ所属されるチームの活動がメインだと思いますので、無理ない範囲で参加頂けたら幸いです。
Q:
天候不良の場合はどうしたら良いですか?
A:
天候不良で中止の場合は「ホームタウン活動Blog」にてお知らせ致します。
http://blog.livedoor.jp/avispahometown/
Q:
キャンセルしたい場合はどうすれば良いですか?
A:
スクール開始の3時間前までに下記のアドレスまでご連絡下さい
email : n.nagai@avispa.co.jp

 

■ これまで受講された方の感想
◎走り方の具体的な方法がわかって良かった。
◎身体が堅いことが良く分かりました。習ったことを活かしたいと思います。
◎本人はチーム活動と違う緊張感が楽しかったようで、また参加したいと言ってます。
◎親がストレッチをしろと言っても聞かなかったのに、コーチが柔軟性の重要性を伝えてくれたお陰で家で行うようになりました。

 

 

<スクール風景(写真)>

img_topic160122

 

【アビスパ福岡 基本理念】
アビスパ福岡は、地域に根ざしたスポーツクラブとして地域に生活する人々とともに発展します。
アビスパ福岡は、スポーツを通じて子どもたちに夢と感動を地域に誇りと活力を与えます。
アビスパ福岡は、スポーツを愛する新しいコミュニティづくりと世界に開かれた豊かなスポーツ文化の創造に貢献します。

  ページの先頭へもどる