U-12 試合結果 2022年5月

avispa アカデミー&スクール

メニュー
体験レッスン・お問合せはこちらから
092-674-3031

U-12 結果 2022年5月

福岡地区U-11前期リーグ1部Aパート(第5節、第6節)

日時
5月22日(日) 11:30キックオフ/13:30キックオフ (30分ゲーム)
会場
今津運動公園

第5節

アビスパ福岡U-11 6 3 前半 0 0 油山カメリアFC B U-11
3 後半 0
得点経過
3分 大津怜兎
6分 大津怜兎
12分 大津怜兎
17分 永松優駕
28分 里村健琉
30分 津上小次郎

第6節

アビスパ福岡U-11 1 0 前半 0 1 福岡西FA U-11
1 後半 1
得点経過
19分 大津怜兎(PK)
27分 失点

結果

4勝2分 勝ち点14

寸評

5月22日(日)に今津運動公園にて福岡地区U-11リーグ1部Aパート第5節、第6節が行われアビスパ福岡U-11は第5節で油山カメリアFC Bと、第6節で福岡西FAと対戦しました。

第5節油山カメリアFC Bとの試合は、前半から相手陣に押し込み優勢に試合を進めると、3分コーナーキックのこぼれ球を大津怜兎(MF18番)が押し込み先制点を奪います。その後も、ゴールに向かいアクションを起こし積極的に攻め込むと6分に個人の突破から、12分に宮本幸尚(MF17番)のコーナーキックからヘディングでともに大津怜兎(MF18番)が追加点を奪い前半を3-0で折り返しました。

後半、さらに追加点を目指しアグレッシブに戦い、開始早々17分、筒井偉心(MF32番)が左サイドをドリブルで突破し中へ折り返すとそのボールに永松優駕(FW20番)が飛び込み4点目を奪います。後半終了間際、28分には里村健琉(MF22番)が、30分には津上小次郎(FW15番)がそれぞれカウンターからゴールを奪い6-0で勝利することが出来ました。

第6節福岡西FAとの試合は、前半、相手の2トップ目掛けて長いボールを入れ込んでくる攻撃に対し上手く跳ね返すことが出来ず、押し込まれる展開となりました。その中で、武重智也(GK16番)を中心に粘り強く対応し得点を与えず、攻撃のチャンスを伺いますがシュートまで持ち込むことが出来ず、前半を0-0で折り返しました。

後半、相手の長いボールに対し冷静に対応が出来るようになると徐々に攻め込む時間が増え始め、19分相手左サイドを大津怜兎が積極的にドリブルでしかけるとペナルティーエリア内で倒されペナルティーキックを獲得し、そのペナルティーキックを自ら決め先制点を奪うことに成功します。その後、ゴールを奪えたことにより落ち着いてプレー出来るようになり相手陣に攻め込みますが追加点を奪えずにいると、終了間際27分、ロングスローのこぼれ球を押し込まれ同点に追いつかれてしまいました。最後までゴールを目指しましたが勝ち越し点を奪うことが出来ず、1-1の同点のまま試合終了となりました。

長いボールを入れ込んで迫力持って攻撃してくる相手に対し冷静に対応する力、跳ね返すテクニックが課題となったので、トレーニングの中から取り組み、次節は勝利に繋げられるように改善していきたいと思います。

《次戦》
福岡地区U-11前期リーグ1部Aパート
6月11日(日)15:20KO
[小戸公園球技場]
アビスパ福岡U-11 vs 福岡西FA U-11

福岡地区U-11前期リーグ1部Aパート(第3節、第4節)

日時
5月8日(日) 10:20キックオフ/11:40キックオフ (30分ゲーム)
会場
小戸公園球技場

第3節

アビスパ福岡U-11 4 1 前半 0 0 油山カメリアFC B U-11
3 後半 0
得点経過
7分 永松優駕
16分 永松優駕
21分 山田蒼揮
23分 古川雄陽

第4節

アビスパ福岡U-11 2 2 前半 0 0 大橋FCU-11
0 後半 0
得点経過
2分 永松優駕
12分 大津怜兎

結果

3勝1分 勝ち点10

寸評

5月8日(日)に小戸公園球技場にて福岡地区U-11リーグ1部Aパート第3節、第4節が行われアビスパ福岡U-11は第3節で油山カメリアFC Bと、第4節大橋FCと対戦しました。

第3節油山カメリアFC Bとの試合は、前半からゴールに向かう意識が高くチャンスを作る中、7分相手陣ゴール前での混戦から永松優駕(FW20番)が押し込み先制点を奪います。その後も、手を緩めることなく攻め込みますが追加点を奪えず前半を1-0で折り返しました。
後半、開始早々1分、左サイドを山田蒼揮(MF14番)と古川雄陽(FW13番)が崩してクロスを入れると中に詰めていた永松優駕が追加点を奪います。その後さらに、21分山田蒼揮、23分に古川雄陽がゴールを奪い4-0で勝利することが出来ました。

第4節大橋FCとの試合は、前節引き分けている相手ということで、必ず勝つという強い思いを待って試合に臨みました。前半、迫力持ってゴールに向かうことが出来、2分大津怜兎(FW18番)のパスを受けた永松優駕が決め、早い時間で先制点を奪うことに成功します。その後、12分山田蒼揮のスルーパスに大津怜兎が抜け出すと落ち着いて流し込み追加点を奪い前半を2-0で折り返しました。
後半、メンバーを入れ替えながら追加点を目指しますがゴールを奪うことが出来ませんでした。その後、押し込まれる時間帯は、ありましたが武重智也(GP1番)を中心に守り切り2-0で勝利することが出来ました。

グラウンドの状況が変わるとプレーの質が下がってしまう選手が多いので、どんな状況でもしっかりとしたテクニックを発揮出来るようにトレーニングに励んで行きたいと思います。

《次戦》
福岡地区U-11リーグ1部Aパート第5節
5月22日(日) 11:30KO [今津運動公園]
アビスパ福岡U-11vsカメリアFC B U-11

福岡地区U-11前期リーグ1部Aパート(第1節、第2節)

日時
5月7日(土) 10:10キックオフ/12:10キックオフ (30分ゲーム)
会場
雁の巣レクリエーションその他

第3節

アビスパ福岡U-11 0 0 前半 0 0 大橋FCU-11
0 後半 0

第2節

アビスパ福岡U-11 1 0 前半 0 0 FCリベルタU-11
1 後半 0
得点経過
17分 里村健琉

結果

1勝1分 勝ち点4

寸評

5月7日(土)に雁の巣レクリエーションセンターその他にて福岡地区U-11リーグ1部Aパート第1節、第2節が行われアビスパ福岡U-11は第1節で大橋FCと、第2節でFCリベルタと対戦しました。

U-11は、リーグ開幕を迎えました。
選手たちには、目標の確認とリーグ戦を戦い抜くために必要なことを伝え、初戦に臨みました。

第1節大橋FCとの試合は、前半、緊張感ある公式戦で、さらにクレーコートということでなかなか足元にボールがつかず、相手ゴール前に入っていきシュートまで持ち込むことが出来ませんでした。ボールが落ち着かず、単調な攻撃になり試合のペースを作れないまま前半を0-0で折り返しました。
後半、徐々に落ち着きを取り戻し、相手陣に攻め込む時間を多く作り出しましたが、相手の粘り強い守備を最後まで崩すことが出来ず0-0のまま試合終了となり引き分けとなりました。

第2節FCリベルタとの試合は、前半からゴールを奪う為にアグレッシブに戦い、相手ゴールに迫りますが最後の精度が低く決めきることが出来ませんでした。その中で、相手の一人一人が力強く前に持ち運ぶ攻撃に対し、チャンスを作られましたが粘り強く守り得点を与えず、0-0で前半を折り返しました。
後半、この試合どうにか勝利につなげたいという強い気持ちで、相手ゴールに向かうと17分相手クリアボールを拾った里村健琉(MF22番)がミドルシュートを決め先制点を奪うことに成功します。その後、前線からプレッシングをかけることにより相手陣に押し込み試合を進め、追加点を奪うことは出来ませんでしたが1-0のまま試合終了となり勝利することが出来ました。

トレーニングマッチとは違い、緊張感ある公式戦でいつも通りのプレーが出来ないということ、試合に勝つことの難しさを選手たちが実感してくれたと思います。この緊張感、グラウンド状況の中で力を発揮する為にどのようなことが必要かを考え、今後の試合に繋げていってほしいと思います。

《次戦》
5月8日(日) 10:20KO [小戸公園球技場]
アビスパ福岡U-11vsカメリアFC B U-11

2022 西日本U-12サッカー大会

日時
5月3日~5月5日
会場
錦原サッカー場、小田爪陸上競技場

予選リーグ① 11:40KO [錦原サッカー場]

アビスパ福岡U-12 4 3 前半 0 0 アラーラU-12
1 後半 0
得点経過
8分 牛島弘貴
11分 牛島弘貴
13分 牛島弘貴
23分 牛島弘貴

予選リーグ② 13:00KO [錦原サッカー場]

アビスパ福岡U-12 0 0 前半 0 0 BIGWAVEU-1
0 後半 0
得点経過

予選リーグ③ 0:10KO [錦原サッカー場]

アビスパ福岡U-12 7 4 前半 0 0 チェスタU-12
3 後半 0
得点経過
1分 牛島弘貴
4分 OG
8分 後藤彰吾
8分 牛島弘貴
16分 後藤彰吾
28分 吉村隆希
29分 大谷優太

12:50KO [錦原サッカー場]

アビスパ福岡U-12 7 4 前半 0 0 アルバランシアU-12
3 後半 0
得点経過
3分 牛島弘貴
9分 吉村隆希
12分 吉村隆希
15分 大谷優太
18分 吉村隆希
27分 牛島弘貴
28分 牛島弘貴

14:10KO [錦原サッカー場]

アビスパ福岡U-12 8 3 前半 0 0 アスランU-12
5 後半 0
得点経過
6分 後藤彰吾
8分 大谷優太
14分 吉村隆希
16分 冨士原巽
22分 長谷部太朗
23分 長谷部太朗
24分 大谷優太
30分 牛島弘貴

予選リーグ結果

5チーム中1位

1位トーナメント準々決勝 9:40KO [小田爪陸上競技場]

アビスパ福岡U-12 2 1 前半 0 0 ZYG FC U-12
1 後半 0
得点経過
4分 牛島弘貴
27分 後藤彰吾

1位トーナメント準決勝 11:40KO [小田爪陸上競技場]

アビスパ福岡U-12 0 0 前半 0 1 ロアッソ熊本 U-12
0 後半 1
得点経過
29分 失点

1位トーナメント準決勝 14:20KO [小田爪陸上競技場]

アビスパ福岡U-12 2 2 前半 0 2 大分トリニータ U-12
0 後半 2
1 PK 3
得点経過
10分 甲斐悠聖
14分 牛島弘貴
20分 失点
29分 失点

最終結果

48チーム中4位

寸評

5月3日(火・祝)~5日(木・祝)に錦原サッカー場、小田爪陸上競技場にて2022西日本U-12サッカー大会が行われアビスパ福岡U-12は、予選リーグでアラーラ、BIGWAVE、チェスタ、アルバランシア、アスランと1位トーナメントでは、準々決勝ZYG、準決勝ロアッソ熊本、3位決定戦大分トリニータと対戦しました。

今大会がU-12の選手たちにとって初めての遠征となり、食事、睡眠、宿舎での過ごし方といったオフザピッチでの選手たちの取り組みを確認出来ること、サッカーでは、1-2-3-2のシステムを採用し、個人一人一人の成長を目的として大会に参加しました。

2日間で行われた予選リーグは、4勝1分で得失点差により5チーム中1位で通過することが出来ました。BIGWAVEとの試合は、0-0の引き分けとなりましたが、その他の試合は、多くの選手がゴールを奪い勝利することが出来ました。

3日目、予選リーグを1位で突破することが出来、各グループの1位で突破したチームとの1位トーナメントに参加しました。
準々決勝、ZYGFCとの試合は、前半、2トップに長いボールを入れる単調な攻撃になってしまいシュートチャンスを作れない中、左サイドを突破され危ない場面を多く作られました。その中、4分前線からプレッシングをかけ相手ディフェンダーのバックパスを奪った牛島弘貴(FW10番)がゴールキーパーを交わしゴールに流し込み先制点を奪うことに成功します。その後は、お互いにチャンスを作りますが決めきることが出来ず、前半を1-0で折り返しました。
後半は、徐々に相手陣でボールを握る時間を増やすことが出来、27分後藤彰吾(DF5番)右サイドから内側にドリブルを運んで左足を振り抜くと相手ディフェンダーに当たり、そのままゴールに吸い込まれ追加点を奪うことに成功しました。その後、相手に攻め込まれる時間もありましたが粘り強く守り、2-0のまま試合終了となり勝利することが出来ました。

準決勝、ロアッソ熊本との試合は、前半、ポジショニングをとり細かくつないでビルドアップしてくる相手に対して、なかなかプレッシングをかけることが出来ず相手に押し込まれる時間が続きました。その中、最後のところで青木将一郎(GK1番)が身体を張り守り、相手に得点を与えず前半を0-0で折り返しました。
後半は、徐々に相手のビルドアップに対してプレッシングがはまり、相手陣でボールを奪いきれるようになりチャンスを作り出しますが決めきることが出来ないでいると、試合終了間際29分、左からのコーナーキックからマークを外してしまい先制点を奪われてしまいました。最後までゴールを目指し戦いますが決めきることが出来ず、0-1のまま試合終了となり敗戦となりました。

3位決定戦、大分トリニータとの試合は、前半からアグレッシブに戦い相手ゴールに迫る場面を多く作り出し、10分2トップの関係から右サイドを抜け出した牛島弘貴(FW10番)がクロスを入れると逆サイドから走り込んだ甲斐悠聖(MF3番)が左足で上手く合わせ先制点を奪うことに成功します。その後、14分には、牛島弘貴(FW10番)がドリブルで突破しゴールを決め追加点を奪い2-0で前半を折り返しました。
後半も、前半同様何度も決定的なチャンスを作り出しますが追加点を奪えずにいると20分に一瞬のスキを突かれ失点をしてしまうと、試合終了間際にディフェンスラインの背後を抜け出され失点をしてしまい2-2のままPK戦へともつれ込みました。PK戦は、一人目のキッカーが外してしまい、相手チームは3本成功し1-3で敗戦となり4位で大会を終えました。

大会を通じて、選手たちの成長を多く感じることが出来たとともに、課題も明確になりました。
今大会の経験したことを今後の成長につなげれるようにトレーニングに励んでいきたいと思います。

U-12福岡地区リーグ1部 第3節

日時
5月1日(日) 12:20キックオフ (40分ゲーム)
会場
今津運動公園

第3節

アビスパ福岡U-12 2 1 前半 0 0 FCルーザ福岡U-12
1 後半 0
得点経過
10分 牛島弘貴
37分 牛島弘貴

結果

2勝1分 勝ち点7

寸評

5月1日(日)に今津運動公園にてU-12福岡地区リーグ1部第3節が行われアビスパ福岡U-12はFCルーザ福岡と対戦しました。

前半、相手の迫力持って前に前にボールを運ぶ攻撃に対して押し込まれる時間が続きました。その中で、青木将一郎(GK1番)を中心に粘り強く守り相手に得点を与えませんでした。苦しい展開の中、10分に後藤彰吾(DF5番)の縦パスのこぼれ球を狙っていた牛島弘貴(MF10番)が後ろから駆け上がり抜け出すとゴールキーパーとの1vs1を落ち着いて流し込み、先制点を奪うことに成功しました。その後、追加点を目指しカウンターからチャンスを作ろうと試みますが、相手のハイラインをとってくるDFラインを崩すことが出来ずに前半を0-0で折り返しました。

後半も前半同様、相手の攻撃の勢いを押し返すことが出来ずに我慢をしながらカウンターで攻撃をしかけるような試合展開の中、相手のミスに助けられどうにか得点を与えずに凌ぎきると、37分後藤彰吾のクリアボールに反応した牛島弘貴が相手をスピードで置き去りにし抜け出すと、ゴールキーパーとの駆け引きに勝ち上手く流し込み追加点を奪うことが出来ました。その後は、チーム全員で集中し粘り強く対応し相手に得点を与えず、2-0で勝利することが出来ました。

試合には、勝ったものの課題が多く出た試合となりました。
ただ良い内容ではない中で勝ち切れたことは良かったと思います。
まだまだ、追求しなければならないことは沢山ある中で1試合1試合勝負にこだわり個人の成長につなげていきたいと思います。

《次戦》
U-12福岡地区リーグ1部
日程・時間・場所 調整中

無料体験スクールや入会についての疑問・質問など、お気軽にお問合せください。

アカデミーに関するお問合せ

アカデミーに関するお問合せはこちらから